一関・平泉

青空の下 美しさ競う ボタン大輪、来園者魅了 花と泉の公園【一関】

早咲きや中咲きの品種が見頃を迎えた花と泉の公園ぼたん園のボタン

 一関市花泉町老松の花と泉の公園ぼたん園で、早咲きと中咲きのボタンが見頃を迎えた。同公園では現在「ぼたん・しゃくやく祭り」が開催中(31日まで)で“百花の王”とたたえられる大輪の花々が多くの来園者を楽しませている。

 同公園のぼたん園は約320種、4000本(見本園を含む)が植えられた東北最大級の規模。今シーズンは例年より開花が遅れていたものの、大型連休以降の好天続きで早咲きに続き中咲きの品種も次々開花。朝から雲一つない快晴となった10日は紫の「紫雲殿」やピンクの「社(やしろ)」、白い「王恵」など鮮やかな色合いの花が咲きそろい、宮城県加美町から友人と2人で訪れた今野幸子さん(65)は「花が好きで自宅でもボタンを育てていたが、ここのぼたん園はさまざまな種類の花を見ることができるのがいい」と満喫していた。

 園内では今後、遅咲きの品種に続き約40種、3000株のシャクヤクも開花。祭り期間中はドライバー付きカートで広い園内を約15分かけて巡る周遊カートも有料で利用できるほか、今週末には園内からラジオの公開生放送も行われる。

 開園時間は午前9時~午後5時(最終入場4時30分)で、入園料は大人500円、小中学生250円。問い合わせは同公園=0191(82)4066=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2022年5月23日付
一関・平泉
2022年5月23日付
一関・平泉
2022年5月23日付
一関・平泉
2022年5月23日付