奥州・金ケ崎

「二十歳のつどい」に 成人式の名称変更 奥州市

 奥州市は、2022年度以降の成人式について名称を「二十歳のつどい」に変更する。民法改正後により4月から成年年齢は18歳に引き下げられたが、同市はその年度に20歳を迎える人を対象とする式典を開催。名称については4月の教育委員会定例会で賛同を得たことから二十歳のつどいで決定した。

 同市では大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます行事として成人式を開催。民法改正後についても成人式は20歳を対象とする方針とし、名称については検討が必要としていた。

 3月に社会教育委員会議で一つに絞った上で教育委員会定例会に諮り賛同が得られたことから同市として決定したという。

 今年度の「二十歳のつどい」は、23年1月8日に同市水沢佐倉河の市文化会館(Zホール)で開催予定。対象は02年4月2日~03年4月1日生まれで、同市に住民登録しているか、同市内の中学校を卒業した人としている。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年5月17日付
奥州・金ケ崎
2022年5月17日付
奥州・金ケ崎
2022年5月17日付
奥州・金ケ崎
2022年5月17日付