北上・西和賀

豊かな歌声 聴衆魅了 3年ぶり定演 北上合唱アカデミー

やなせたかしさん作詞の楽曲などを披露した北上合唱アカデミー定期演奏会

 北上合唱アカデミー(斎藤恵子代表)の第27回定期演奏会は26日、北上市さくら通りの市文化交流センターさくらホールで開かれ、豊かなハーモニーが約140人の聴衆を魅了した。

 市内の70代を中心とした団員14人でつくる混声合唱団で、今年で創立35周年を迎えた。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりとなる定期演奏会は、第2回からこれまで30年以上にわたって指揮者を務める高橋佳子さん、市内でピアノ教室を主宰する伊藤礼恵さんを迎え、約20曲を繰り広げた。

 ステージは4部構成で、第1部は宗教曲で調和の取れた歌声を会場いっぱいに響かせた。「やなせたかしの世界」と銘打った第2、3部は、「それいけ!アンパンマン」で知られる漫画家・絵本作家の故やなせたかしさんの詩を斎藤代表が朗読したほか、やなせさん作詞の「手のひらを太陽に」「ロマンチストの豚」などを披露。第4部の「愛唱歌集」は、亡くなったメンバーに思いをはせて「あすという日が」で締めくくった。

 斎藤代表は「弟を亡くしたやなせさんの優しい心、生きていく力を朗読で感じた。コロナもあって参加人数は減ったが、一人ひとりが主軸として活動していきたい」と思いを語った。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2022年8月11日付
北上・西和賀
2022年8月11日付
北上・西和賀
2022年8月11日付
北上・西和賀
2022年8月11日付