奥州・金ケ崎

社明運動周知へ 啓発物配布 中学生2人が一日保護司【金ケ崎】

一日保護司として広報活動に取り組む金ケ崎中の生徒

 金ケ崎町立金ケ崎中学校の生徒会長高橋怜さんと副会長髙橋日菜さん(ともに3年)は27日、奥州地区保護司会金ケ崎支部から一日保護司に委嘱され、社会を明るくする運動と保護司の業務を発信する啓発活動に町内で取り組んだ。

 同支部は同校の協力を得て、2003年度から生徒を一日保護司に委嘱。若年層や住民に向けて社会を明るくする運動を広報している。今年度は同運動の強調月間(7月)に先立って実施した。

 同日に2人は町役場で髙橋知支部長から一日保護司の委嘱状を受け取り、同運動の推進に向けた内閣総理大臣メッセージを髙橋寛寿町長に手渡した。髙橋町長は「多くの方に活動を伝え、安全・安心のまちづくりのきっかけづくりをしてほしい」とあいさつした。

 広報活動は同支部の保護司7人と共に同町西根本宮後のビッグハウス金ケ崎店で行われ、来店客に啓発物品を配布した。高橋怜さんは「保護司の仕事はこれまで知らなかった。活動を通して地域に貢献したい」、髙橋日菜さんは「学校を代表して来ているので、保護司の仕事を地域に発信し、学校にも伝えられるようにしたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年8月11日付
奥州・金ケ崎
2022年8月11日付
奥州・金ケ崎
2022年8月11日付
奥州・金ケ崎
2022年8月11日付