花巻

夏の風物詩 開催 花火と音楽、ウオーキング イーハトーブフォーラム 来月20、21日【花巻】

イーハトーブフォーラムの3年ぶりの開催をPRする関係者

 新型コロナウイルスの感染拡大で、2年連続で中止を余儀なくされた花巻市の「イーハトーブフォーラムinHANAMAKI」について、主催する実行委員会(会長・高橋豊花巻商工会議所会頭)は4日、市内で会見を開き、8月20、21の両日に3年ぶりに開催することを発表した。時間を短縮し密集を回避するなど感染対策を取りながら、花火と音楽で花巻の夜空を彩り、ウオーキングで花巻の自然に親しむ。

 イーハトーブフォーラムは8月の第3土日に開催される花巻の夏の風物詩。北上川河川敷で夜空に花火を打ち上げる「光と音のページェント花火ファンタジー」と、両日にわたって市内の景勝地を巡るウオーキングイベント「イーハトーブの里ツーデーマーチ」から成る。

 今年の花火は会場内で観覧する場合、事前にチケットの購入が必要になる。来場者が安心して楽しめるよう会場内の観覧人数の上限を6000人、身元把握のため全席指定(有料)とし、万が一感染が発生した場合にも迅速に対応できる態勢を取る。開催時間は午後7時30分~8時30分の1時間に短縮。5000発を打ち上げる予定で、市内小学生から公募したデザイン花火の打ち上げもある。

 チケットは先着順、S席(定員6人)と展望席(同)がそれぞれ3000円、A席(同)が2000円、ペアシート(定員2人、未就学児除く)2000円で、計1011席を用意。今月8日午前8時30分から同商議所本所・各支所、なはんプラザで取り扱うほか、同商議所ホームページからの購入も可能。

 ツーデーマーチは、両日の参加人数を例年半数の600人に限定、時間を短縮して開催する。同市大通りのなはんプラザを発着点に花巻温泉郷、賢治文学散歩の道を巡る20キロを最長にした距離別の6コースで、いずれも午前中に発着可能。開会式や表彰式、参加者歓迎の集いなどは行わない。

 事前申込制で今月27日まで受け付ける。参加費は一般2000円、中高生500円。市民は一般1000円、中高生300円。小学生以下はいずれも無料だが保護者の同伴が必要。

 同実行委の奥山雅史実行委員長は会見で「開催に向け協議を進める中で、市民の声を聴き、コロナ禍でイベントの在り方、できることを一つ一つ吟味した」と有観客での開催を判断した経緯を語った。構成団体で花火を担当する花巻青年会議所の安部修司理事長は「家族や大切な人と夏の思い出をつくってもらえるような花火を花巻の夜空に上げたい」、ツーデーマーチを担当する花巻ウオーキング協会の橋本純子理事は「イーハトーブで光と風を感じ、再会の喜びをかみしめる機会にしたい」と意気込みを語った。

地域の記事をもっと読む

花巻
2022年8月10日付
花巻
2022年8月10日付
花巻
2022年8月10日付
花巻
2022年8月10日付