県内外

星空題材詩情豊かに 北門さん作詞手掛ける 三鉄応援CD発売

6日に発売される三陸鉄道応援CDをPRする石川社長(左)と作詞した詩人の北門さん

 名古屋市出身の詩人・北門笙さんが作詞を手掛けた三陸鉄道応援CD「セイサ~星槎(せいさ)~/すみれ色ワルツ」は、6日に発売される。東日本大震災被害から再建を果たした三鉄と星空をモチーフに、日本を代表するオペラ歌手が歌い上げた詩情豊かな楽曲となっている。

 タイトルの星槎は星の槎(いかだ)の意味。「槎で天空の星を目指す」という中国の故事に基づく。日本が誇るオペラ歌手の砂川涼子さんと日本最古のオペラ団体・藤原歌劇団で活躍するトリオ・ベルカントによる明日への希望を込めた祈りの歌など4曲を収録した。

 北門さんは大震災から10年の節目となる2021年、復興応援詩集「かぎろひ」を出版。収益の一部を三鉄に寄付するなど親交がある。作詞を手掛けた初のCD発売に北門さんは「震災から11年がたったが、心に残る傷痕はなかなか癒えるものではない。夜空の満天の星の美しさに心を重ねながら少しでも心を癒やしてもらいたい」と語っている。

 三鉄の石川義晃社長は「東北、岩手の沿岸地域を応援する楽曲を作っていただきありがたい。三鉄や銀河鉄道を連想させる素晴らしい歌。県内外の多くの人が三鉄を利用して沿岸地域を訪れ、地域の活性化につながってほしい」と話している。

 CDは税込み1000円。主要レコード店で販売されるほか、インターネットでも購入できる。

 問い合わせは三鉄=0193(62)8900=へ。

地域の記事をもっと読む

県内外
2022年8月19日付
県内外
2022年8月19日付
県内外
2022年8月19日付
県内外
2022年8月19日付