北上・西和賀

鮮やか夏色 水流照らす 錦秋湖大滝【西和賀】

夏をイメージしてライトアップされている錦秋湖大滝

 西和賀町と北上川ダム統合管理事務所湯田ダム管理支所は、同町川尻の錦秋湖大滝(貯砂ダム)をライトアップしている。月内は「夏」をイメージした配色にし、ブルーを基調とした水流が幻想的な雰囲気と涼感を創出している。

 発光ダイオード(LED)照明設備により、17本の水流の色が徐々に変化する仕様で、2022年度の実施期間は1日から10月10日まで。現在実施している「夏」バージョンは、湖から流れ落ちる大滝が紫や緑、青に彩られ、水面に鮮やかなグラデーションが浮かび上がっている。

 8月から9月中旬までは従来の「レインボー」、9月中旬以降は「秋」のイメージで黄色やオレンジ色を基調としたライトアップにする予定。時間は午後6時30分から同9時までで、9月1日以降は同6時に点灯を開始する。ライトアップ実施期間は、午前9時から午後4時30分まで大滝の裏側を一般開放している。

 町観光商工課の佐藤太郎課長は「新型コロナウイルスや国道通行止めの影響を受ける観光産業の助けになれば。屋外なのでソーシャルディスタンス(他者との距離)を保ちながら、今までと違う色合いを楽しんでもらいたい」と話している。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2022年8月18日付
北上・西和賀
2022年8月18日付
北上・西和賀
2022年8月17日付
北上・西和賀
2022年8月17日付