奥州・金ケ崎

伝統工芸の技アピール 特価で販売 岩谷堂箪笥まつり開幕【奥州】

開幕した岩谷堂箪笥まつりの会場

 奥州市江刺の岩谷堂箪笥(たんす)生産協同組合(三品健悦理事長)が主催する第20回岩谷堂箪笥まつりは15日、同市江刺岩谷堂字小名丸のお休み処えさし藤原の郷で始まった。当初は3月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期していた。受け継がれる技で作られた商品を特売。コロナ禍以前の売り上げを回復するステップにもしようと、地場の伝統産業をアピールしている。18日まで。

 地元での売上拡大を目指し毎年開かれている。主役の岩谷堂箪笥は約200点が出品され、4種の新作はまつりの20周年記念価格で半額以上値下げし、それ以外も4割引きの特価。半額からスタートする日替わり入札販売も受け付けている。

 このほか仏壇や、岩谷堂箪笥らしい木材や飾り金具を生かした家具・小物シリーズ「岩谷堂くらしな」などを即売。コロナ禍後は感染拡大防止対策で休止していた伝統工芸士による木工と彫金の実演は、3年ぶりに再開されている。

 同組合には4社が所属。コロナ禍で全国的な外出控えから小売りの主力を担うデパートや専門店が大きな打撃を受け、2020年は出荷額が半減した。21年はやや持ち直したが、19年以前の水準を回復するには至っていないという。三品理事長は「組合のイベントの中でも岩谷堂まつりは売上が伸び続けている。組合や職員の励み、構成社が新作を発表する機会としても大切にしていきたい」と話していた。

 入場無料。時間は午前10時~午後5時。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年8月17日付
奥州・金ケ崎
2022年8月17日付
奥州・金ケ崎
2022年8月17日付
奥州・金ケ崎
2022年8月17日付