一関・平泉

ポップな作品ずらり 絵画展「絵のあるお家」 きょうから ギャラリー柊 ビジュアルクリエーター・太公良さん(東京)【一関】

岩手で初となる作品展で、服とタペストリーを披露する太公良さん

 国内外で活躍するビジュアルクリエーター・太公良さん(東京都)の絵画展「絵のあるお家(うち)」は、16日から一関市山目字大槻のギャラリー柊で開かれる。明るくポップな絵やタペストリー、服が並び、来場者を楽しませそうだ。入場無料。

 太公良さんは神戸市出身、京都市立芸術大大学院修了。ファッション、広告、書籍、ディスプレーなど幅広い分野で活動している。作品の展示は関西方面や台湾、香港、中国、シンガポールといったアジアで多数開催しており、岩手では初めて。同ギャラリーを主宰している染色作家でファッションデザイナーの二宮柊子さんとの縁で実現した。

 絵は、版画の手法を用いたリソグラフ印刷で2021、22年に制作した約30点を出展。岩手県にちなんで岩と手を描き添えた家の絵をはじめ、招き猫をモチーフにしたコラージュ、八百万(よろず)の神をイメージしたシリーズなどが見られる。

 11年から始めたというテキスタイルの仕事からは、京都のファッションデザイナーとコラボレーションした一点物の服や、綿生地に連続柄をプリントしたタペストリーを展示。かわいらしいキャラクターを思わせる模様が目を引く。

 太公良さんは「岩手に来られてうれしい。自分のポップなタッチを取り入れてもらう機会になればいい」と話している。開催日時は16、17、18、23、24日の正午から午後5時まで。太公良さんが在廊する予定。

 問い合わせは同ギャラリー=0191(25)5268=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2022年8月10日付
一関・平泉
2022年8月10日付
一関・平泉
2022年8月10日付
一関・平泉
2022年8月10日付