一関・平泉

黒板に四季の風景 花泉図書館・投影イベント【一関】

花泉図書館で公開されている黒板アートとプロジェクションマッピングの融合作品

 黒板アートとプロジェクションマッピングを融合した作品を展示する「うごく!黒板アートが花泉図書館にやってくる!」は16日、一関市花泉町涌津の同館(小山克美館長)で始まり、黒板に描かれた風景の上に投影される季節の移ろいをイメージしたさまざまな映像が来館者を楽しませている。8月16日まで。

 同市出身、在住のデザイナー、イラストレーターで市内中学校の卒業式に合わせて黒板アートを複数手掛けている有華さんが、四季をテーマに制作した作品を展示。高さ約1.8メートル、幅約3.6メートルある黒板に山並みや桜並木を描いた上に、ヒマワリや雪などをイメージした長さ約3分のアニメーションが投影され、暗闇の中次々と現れる絵柄に訪れた子供たちも「ヒマワリ」「ウサギさんだ」などと声を上げて喜んでいた。

 上映時間は平日が午後2時と5時、土日・祝日は午前11時と午後2時のいずれも1日2回。今月30、31日には有華さんを講師に招いた黒板アート教室も予定されている。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2022年8月16日付
一関・平泉
2022年8月16日付
一関・平泉
2022年8月16日付
一関・平泉
2022年8月16日付