花巻

「日本一」目標に全力 花巻東、意気込み新た 全国高校女子硬式野球出場

全国高校女子硬式野球選手権大会に出場する花巻東メンバー

 花巻東高校の女子硬式野球部は、第26回全国高校女子硬式野球選手権大会(22日開幕、兵庫県丹波市)に出場する。2020年に創部し、初出場だった昨夏の同大会で公式戦初勝利を挙げた。2年連続となる大舞台に向け、「日本一」を目標に掲げて練習している。

 現在の部員は1~3年生70人で、福岡県など遠方からも集まる。花巻市の笹間球場で平日は約2時間30分のトレーニングを行い、土日は練習試合などでチーム力を高めている。大会を控えた18日は中学硬式野球の金ケ崎リトルシニアと2試合を行い、投手陣のコンディションや走塁など実戦的なポイントを確認した。

 チームは打撃に力を入れてきた。冬場は長靴を履いてのティー打撃や体幹トレーニングに取り組んだことで、長打力やスイングスピードが向上。全国大会に向けてはマシンを使って直球や変化球を打ち込んでおり、三鬼賢常監督は「チャンスで追い込まれる前にしっかり振っていきたい」と思い描く。1番末木希依選手(2年)が出塁して流れをつかみ、仙道結衣選手(2年)ら中軸のつながりでリードを奪うのが理想形だ。

 守備の中心は、多彩な変化球を操る右腕の関口瑞生投手(2年)。強豪の作新学院(栃木)とぶつかる23日の初戦については「緩急を付けて上下に投げ分け、打たせて取りたい。丁寧に抑えないと勝てない」とロースコアをイメージする。

 チームにとって通算4度目となる全国舞台へ「関口がどこまで粘って投げられるか、エラーの失点をなくせるかが鍵を握る。実力の60、70%を出せれば良い試合ができると思う」と三鬼監督。萩原日和主将(3年)は「初球から振りにいくことや、際どいボールを取りに行く姿勢など攻守で積極的にプレーしたい。サポートしていただく方への感謝を忘れず、全力で一つ一つの試合を勝ち抜く」と意気込みを新たにする。

 全国選手権は史上最多の49チームが出場し、トーナメント戦を実施。決勝は甲子園球場で行われる。

花巻東メンバー

背番号  氏 名  学年
 89  関口 瑞生 2年
 22  和久本結華 2年
 3  上地 琉夏 3年
 1  新沼 瑞姫 3年
 5  堀  夢桜 3年
 26  柳谷明日香 2年
 7  末木 希依 2年
 92  石川  栞 2年
 18  中井未奈美 2年
 2  萩原 日和 3年
 6  千葉 蒼依 3年
 4  熊谷 那奈 3年
 8  佐藤こころ 3年
 99  及川愛咲誌 3年
 9  川内 未来 3年
 29  杉崎 楓花 2年
 13  佐藤  遥 2年
 73  青木 七海 2年
 17  安田 彩乃 2年
 38  宮崎 花梨 2年
 24  仙道 結衣 2年
 84  佐々木由海 2年
 21  菅澤 陽向 1年
 12  千葉穂乃果 1年
 16  佐々木秋羽 1年
 11  平尾美空乃 1年
 14  照沼 涼音 1年
 11  藤本 加奈 1年
 23  小川 夢乃 1年
 15  秋山 瑚都 1年
マネジャー村上釉逢 1年

 

地域の記事をもっと読む

花巻
2022年8月16日付
花巻
2022年8月16日付
花巻
2022年8月16日付
花巻
2022年8月16日付