県内外

大谷 球宴初安打

一回、ナ・リーグ先発のカーショー(左、ドジャース)から球宴初安打となる中前打を放つア・リーグの大谷(エンゼルス)=19日、ロサンゼルス(ロイター時事)

 【ロサンゼルス時事】米大リーグのオールスター戦は19日、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、大谷翔平選手(エンゼルス)=花巻東高出=はア・リーグの1番指名打者(DH)で出場し、1安打1四球だった。第1打席で球宴初安打となる中前打を放ち、三回2死で迎えた第2打席は四球を選んだ。【7、9面に関連】

 大谷は昨年に続いて投打で選出されたが、今年は22日のブレーブス戦に先発予定のため登板しなかった。試合はアが3―2で逆転勝ちし、9連勝。対戦成績を47勝43敗2分けとした。最優秀選手(MVP)には、四回に同点2ランを放ったスタントン(ヤンキース)が選ばれた。

宣言通りの初球打ち カーショーから

 オールスター戦のプレーボール直前。先攻のア・リーグで1番打者を務める大谷が打席に向かう前に、英語でインタビューを受けた。メジャーを代表する左腕カーショーとの対戦で、初球から打ちにいくと宣言。その声が場内に流れると、客席はどよめいた。

 注目の初球。外角への速球を振り抜き、中前に運んだ。「制球の素晴らしい投手なので、そんなに甘い球が来るとは予想していなかったが、どんな球が来ても振る準備はしていた」。昨年は2打数無安打だったため、これが球宴初安打。ただ、直後に一塁への牽制(けんせい)で刺され、思わず苦笑いを浮かべた。

 普段は投打の二刀流で調整に多くの時間を要するため、チームではほとんど屋外での打撃練習を行わない。だが、この日はフリー打撃に登場。豪快なフルスイングで29スイング中14本の柵越えを披露した。中には右翼席を越え、その奥にあるコンコースの屋根を直撃する特大アーチも。夢舞台を心待ちにしたファンを、試合前から喜ばせていた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2022年8月18日付
県内外
2022年8月18日付
県内外
2022年8月18日付
県内外
2022年8月18日付