奥州・金ケ崎

東北北部梅雨明け 湯田で32・0度

梅雨明けの空に映えるヒマワリ=26日午後3時30分ごろ、奥州市水沢佐倉河の胆沢城跡にあるあやめ苑

 仙台管区気象台は26日、本県を含む東北地方北部が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より2日早く、昨年より10日遅い。

 同日の県南地方は梅雨明けらしく各地で晴れ、気温が上昇。盛岡地方気象台によると、最高気温は湯田が32・0度で今年最高を記録。このほか花巻32・9度、北上32・8度、江刺33・6度など、いずれの観測点も真夏日となった。

 奥州市水沢佐倉河の国史跡胆沢城跡にあるあやめ苑では、あやめ苑管理協力会(菊地正勝会長)が景観向上のため今年新たに植栽したヒマワリが見頃を迎えた。5月、約15アールの敷地に種をまき、今月18日ごろから開花した。26日現在は七分咲きほど。来年度は植栽面積の拡大を検討しているという。

 同気象台によると、27日の県内は高気圧に覆われるが、前線や湿った空気の影響で晴れや曇りとなり、雨の降る所もある見込み。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年8月10日付
奥州・金ケ崎
2022年8月10日付
奥州・金ケ崎
2022年8月10日付
奥州・金ケ崎
2022年8月9日付