一関・平泉

イワナ上手に捕まえたよ 川遊びまつり 狐禅寺【一関】

川遊びまつりでイワナを捕まえ、喜ぶ少年

 一関市のKMY(狐禅寺・みんなして・やっぺし)プロジェクト実行委員会(八木一郎委員長)主催の「川遊びまつりin滝沢川」は7月31日、同市狐禅寺の滝沢川などで開かれ、地元の子供たちが水中散策やイワナのつかみ取りなどを楽しんだ。

 地域の川に親しみ、自然環境の保全や地域への愛着を醸成しようと2019年度から続く取り組みで、市の元気な地域づくり事業として実行委のリバースクール狐禅寺部会が企画した。

 同日は親子やスタッフ合わせて約100人が参加し、狐禅寺市民センターで開会行事を行った後、近くの滝沢川に移動。幼児たちは保護者同伴で水中生物の観察、小学生たちはライフジャケットを身に着け、上流から学校橋付近まで約200メートルを散策した。

 熱い日差しが照り付ける中、冷たい川の水に子供たちも大はしゃぎ。イワナのつかみ取りでは、激しく動き回るイワナに苦戦しながらも、四隅に追い込むなどして上手に捕まえていた。

 畠山知直君(11)は妹美織さん(8)と参加。「川に入って遊んだことがなかったのでおもしろく、水も冷たくて気持ち良かった。イワナはぬるぬるして捕まえるのが難しかったけど、捕まえることができて楽しかった」と喜んでいた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2022年8月16日付
一関・平泉
2022年8月16日付
一関・平泉
2022年8月16日付
一関・平泉
2022年8月16日付