花巻

夏空の下熱いライブ イーハトーブ音楽祭【花巻】

3年ぶりに開かれたイーハトーブ音楽祭2022。生演奏で観客を楽しませる出演者

 花巻の音楽イベント「イーハトーブ音楽祭2022」(同実行委主催)は6日、花巻市大通りのなはんプラザなどで開幕した。県内外から44組、約200人が出演し、開催を待ちわびた観客とともに2日間を熱く盛り上げる。

 音楽祭は、音楽を通じて人が集い、まちなかを音楽で盛り上げようと2007年に始まった。夏と冬に開催されてきたが、夏は新型コロナウイルス感染拡大の影響で2年連続で中止され、感染対策を取った上で3年ぶりの開催にこぎ着けた。

 会場にはロック、アコースティック、弾き語りなどのジャンル別に三つのステージが設けられ、初日は東京都日野市や秋田県大仙市などを含む県内外19組のアーティストがステージに立った。

 Aステージのトップバッターを飾ったのは50代後半から60代半ばの音楽好き、セッション好きで結成したロックバンド「ZUKKU」。新型コロナの流行直前に奥州市水沢の音楽が楽しめるバーでセッションしたのがきっかけで、この日の音楽祭がデビューとなった。ベースの和山淳さん(同市水沢)、ドラムスの藤原章雄さん(盛岡市)、ギターの佐々木利哉さん(金ケ崎町)の3人が、英国のロックバンドTHE POLICEや日本のギタリストCharのカバーで会場を盛り上げ、藤原さんは「気持ちいい。ライブが一番だと思う。すかっとした」と語り、晴れやかな表情を見せた。

 同実行委の多田貢会長は「この場所でしか会えないアーティスト、ここに来る客には待っていてもらった」と感謝し、「5月に開催に向けた準備を開始し、いつ(開催が)駄目になるか気が気でなかったが、無事にきょうの日を迎えられてほっとしている。楽しい2日間を過ごしてほしい」と話していた。

 音楽祭は7日まで行われる。

地域の記事をもっと読む

花巻
2022年8月14日付
花巻
2022年8月14日付
花巻
2022年8月14日付
花巻
2022年8月13日付