奥州・金ケ崎

斎藤夫妻偲ぶ短歌作品募る 31日まで顕彰会【奥州】

 奥州市の斎藤實顕彰会(菅原志保子会長)は、斎藤實・春子夫妻を偲(しの)ぶ短歌作品を募っている。応募資格は斎藤夫妻と短歌に関心を持つ高校生、一般で、斎藤夫妻に対する思いをしたためた作品を受け付ける。締め切りは31日。

 同顕彰会は、凶弾に倒れた斎藤實、斎藤を支えた春子夫人を追憶しようと短歌大会を開催してきたが、コロナ禍で作品募集のみとし、短歌大会と表彰式は中止している。

 短歌は、1人2首までで自由題も受け付けるが、1首は必ず斎藤夫妻に関する短歌とする。元県歌人クラブ会長の菊澤研一さんが選者を務め、斎藤夫妻をしのぶ短歌、自由題ともに最優秀賞1点、優秀賞2点、佳作7点を10月上旬に選ぶ。

 出詠料は無料で、応募先は023―0054 奥州市水沢字吉小路24、斎藤實記念館内の同顕彰会宛てに、はがきに作品2首までと郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて応募する。当日消印有効。問い合わせは同顕彰会事務局=ファクス兼0197(23)2768=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年4月20日付
奥州・金ケ崎
2024年4月20日付
奥州・金ケ崎
2024年4月20日付
奥州・金ケ崎
2024年4月20日付