北上・西和賀

風味豊か 雪室そば 町内5店舗で提供 28日まで祭り【西和賀】

利休庵が提供する「小海老のかき揚げサラダそば」

 西和賀そばまつり実行委員会が主催する「こだわりの雪室そば祭り」は20日、西和賀町内で始まった。町内5店舗が、雪資源を生かして低温貯蔵した玄そば使用のメニューを提供。豪雪地帯ならではの保存法による風味豊かな「西和賀そば」を味わえる。28日まで。

 2021年秋に収穫したソバを、貝沢産直にある貯雪庫で春から保存。高い湿度を保ったまま10度以下で貯蔵することで乾燥を防ぎ、ソバの色や風味を保つことができるという。

 「祭り」の形で開催するのは3年ぶりとなる今回は▽母ちゃんの店わがや(沢内字貝沢)▽利休庵(同)▽農家食堂およね(沢内字太田)▽春乃家(白木野)▽十割そばの店「湯夢プラザ」(川尻)―が全メニューを雪室そばで提供する(春乃家は十割そばのみ)。

 このうち利休庵の「小海老のかき揚げサラダそば」(税込み979円)は、生野菜のサラダ仕立てのそばの上にさくさくのかき揚げを載せ、酸味のあるたれを合わせたさっぱりとした味わい。田澤章雄店主は「メニューは地域の食材を大事にしている。祭りは地域を盛り上げる良い機会で、ゆくゆくは周りにもっと店ができて『そば街道』のようになれば面白い」と語る。同店の営業は土日のみ。

 このほか、町内の温泉施設や観光施設、飲食店などで割引サービスが受けられる周遊券を発行し利用拡大を促す。同実行委事務局の西和賀産業公社の藤原勝常務取締役は「新型コロナウイルスの感染対策をしっかりやった上で、祭りとしてイベント色を強くして開催していく。たくさんの方々においしいそばを食べに来ていただきたい」とPRしている。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2024年4月21日付
北上・西和賀
2024年4月21日付
北上・西和賀
2024年4月21日付
北上・西和賀
2024年4月21日付