花巻

賢治の世界観迫る トーク、ライブ映像多彩に 27、28日・イーハトーブフェス【花巻】

「イーハトーブフェスティバル2022」をPRするポスター

 「イーハトーブフェスティバル2022」は、27、28の両日に花巻市高松の宮沢賢治童話村で開かれる。各分野で活躍するアーティストやクリエーターがトーク、音楽ライブ、朗読、演劇、映画などを通して宮沢賢治の世界観に迫る。今回は事前収録した映像を屋外ステージの大型スクリーンで上映。動画投稿サイト「ユーチューブ」公式チャンネルで同時配信し自宅からも楽しめる。両日とも午後6時30分開演。

 市と民間8団体で組織する賢治フェスティバル実行委員会(会長・上田東一市長)が主催。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため2年連続で中止となり、今年が3年ぶりの開催となる。

 初日は、劇団わらび座のミュージカル「銀河鉄道の夜」「舞楽詩風の又三郎」、音楽家蓮沼執太さんが構成を担当したコンサート「宮沢賢治トラヴィデブラ」、現代美術家奈良美智さんのインタビュー「焚き火にゆらめく世界」がある。

 コンサートでは、蓮沼さん、ロックバンド羊文学のボーカル、ギター塩塚モエカさん、俳優の染谷将太さん、チェロ奏者の徳澤青弦さん、インドの打楽器・タブラ奏者のU―zhaan(ユザーン)、女性DJのLicaxxx(リカックス)が共演する。

 2日目は、県立花巻農業高校鹿踊(ししおどり)部の郷土芸能「鹿踊」、音楽家の原摩利彦さんが構成と作曲を担当したコンサート「100年後のレコードコンサート」、アニメーターで映画監督の高坂希太郎さんのドキュメンタリー「イーハトーブの地図~心に映る風景~」がある。

 コンサートは原さん、バイオリン奏者の須原杏さんと銘苅麻野さん、ビオラ奏者角谷奈緒子さん、チェロ奏者関口将史さん、サントゥール奏者岩崎和音さんが出演。賢治が詩集「春と修羅」に収録された「電車」「天然誘接(よびつぎ)」を書いた1922年8月17日からちょうど100年後に演奏、収録した映像を上映する。

 入場無料。当日の模様はユーチューブの公式チャンネルで同時配信されるほか、後日期間限定でアーカイブ配信を予定している。

 問い合わせは実行委事務局の市賢治まちづくり課=0198(24)2111=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2024年4月13日付
花巻
2024年4月13日付
花巻
2024年4月13日付
花巻
2024年4月13日付