一関・平泉

待ってました秋の味覚 磐井河原いものこ会始まる【一関】

2年ぶりの開催となった磐井河原いものこ会のオープニングセレモニーで、テープカットに代わってサトイモの茎とネギにはさみを入れる実行委関係者ら

 新型コロナウイルス感染症の影響で2020年以来2年ぶりの開催となる一関市の第39回磐井河原いものこ会(実行委主催)は1日、同市狐禅寺の一関遊水地記念緑地公園で始まった。初日は7組が利用し、秋晴れの下で特産の「いものこ(南沢土垂(どたれ)里芋)」や「曲(まが)りねぎ」などを使った芋の子汁に舌鼓を打った。11月6日まで毎週土日・祝日に開催される。

 秋の風物詩となっている磐井河原いものこ会は、市の農産物をPRしようと関係団体でつくる実行委(会長・千田雅行JAいわて平泉生活経済部長)が主催。食材や調理器具などは全て有料で提供、または貸し出しており、「手ぶらで楽しめる」のを売りにしている。

 初日は実行委関係者が参加してオープニングセレモニーが行われ、千田会長が「磐井河原いものこ会は、地元の農産物の地産地消の一環として実施している。昨年は初の中止となり、皆さんは開催を待ちわびていたと思う。昨年できなかった分も芋の子汁を味わっていただきたい」とあいさつした。

 テープカットでは、南沢土垂里芋と曲りねぎが用意され、それぞれにはさみを入れて2年ぶりの開幕を祝った。

 会場には、午前10時の開始に合わせて家族連れや職場仲間らのグループが訪れた。提供される材料が全て切り分けられているため、利用者は手際よく調理し、出来たての芋の子汁を味わった。

 子供たちを含め家族7人で訪れた同市三関の森田友和さん(45)は「3年前とおととしも利用した。子供たちが遊びながら楽しめるというのがいいですね」と話しながら秋の味覚を満喫していた。

 期間中の開催日は土日・祝日の午前10時から午後3時まで。利用予定の5日前までの予約が必要となる。予約は専用電話=080(3329)0669=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2024年3月4日付
一関・平泉
2024年3月4日付
一関・平泉
2024年3月4日付
一関・平泉
2024年3月4日付