花巻

花巻東高にダンス部 全国目指し人材育成 来春、県内初

創部などを発表した(左から)中條代表、小田島校長、金医院長、笠井代表取締役

 花巻市の花巻東高校(小田島順造校長、生徒733人)は4日、2023年4月にダンス部を創部すると発表した。同校によると、創作ダンスや地域交流ができるような部活ダンスの創設は県内の高校では初めて。ダンスに興味を持つ生徒の受け皿にするとともに、ダンスを通じて全国や世界で活躍する人材を育成する。

 同市松園町の同校で小田島校長らが記者会見して発表した。

 ダンス部は、盛岡市で総合型ダンススクール「Lips Dance School」を開設する中條鈴代表を総合プロデューサーに迎える。部活ではヒップホップ、チアダンス、ジャズダンスなどあらゆるジャンルに取り組むとともに、創作ダンスを強みにした花巻東ならではのジャンルの確立を目指す。

 在校生向けには9月の文化祭で創部を発表。小田島校長は「いろいろな体験をすることで生徒の人格が高められる。中学校までは体育の必修授業としてダンスを学ぶが、高校にはその受け皿ができていない。多くの生徒が持つ資質能力を存分に発揮させたい」と創部への思いを明かした。

 中條代表によると、全国の高校には多くのダンス部があるが、県内は一校もなく、東北地方から大会に出場する学校は少ない。「東北から強いチームをつくりたい。体を使った表現活動で子供たちが自主性や自己表現を養い、最終的には全国大会を目指し地域貢献できるダンス部にしたい」と意欲を示した。

 創部の発表と合わせ、家庭用や産業用、医療用ガスを供給する北上市の北良(笠井健代表取締役)、盛岡市のまさと脳神経内科クリニック(金正門医院長)との間でスポンサー契約を結んだことも発表。笠井代表取締役は「企業が持っている社会的なつながりを生かし、この地域で活躍できる子供たちを増やしたい」、金医院長は「若い人が活躍するフィールドをつくり、ダンスという表現手段を得てこれからの岩手、日本を背負う人材が育ってほしい」と述べた。

 同校は8日と11月5日に予定する入試説明会で創部を紹介する。

地域の記事をもっと読む

花巻
2024年3月5日付
花巻
2024年3月5日付
花巻
2024年3月5日付
花巻
2024年3月5日付