一関・平泉

「気もち」伝えて ハート形切り餅、大福販売 きょうバレンタイン 道の駅厳美渓【一関】

道の駅厳美渓のバレンタイン向け特設コーナーで、ハート形切り餅など独自商品を手にする従業員

 14日はバレンタインデー。一関市厳美町の道の駅厳美渓(小野寺拓也駅長)は、一関地方の餅食文化にちなんで、ハート形の切り餅などの独自商品を売り出し、「普段お世話になっている人に『気もち』を伝えてみては」と呼び掛けている。

 同駅では、一関産のもち米「こがねもち」を使ったバレンタイン向け商品を14日までの期間限定で販売。食紅でかわいらしくピンクに色づけしたハート形の切り餅(2個セット税込み160円)や、ココアをまぶした餅の中にチョコレート入り白あんを入れた「チョコ大福」(3個入り税込み250円)を取りそろえ、レジ脇の特設コーナーに陳列している。

 また、イチゴの出荷シーズンに合わせて製造している「プレミアムいちご大福」(1個税込み300円)はバレンタイン向けにアレンジ。通常は白い餅だが食紅でピンク色に仕上げ、桑茶パウダーを練り込んだ白あんを詰め、その真ん中に同市厳美町産のイチゴを載せている。

 同駅レストランの佐藤洋美主任は「餅だけに『気もち』を込めて作っている。カップル、ファミリー、友達同士などたくさんの人に食べてもらいたい」と話している。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2024年6月20日付
一関・平泉
2024年6月20日付
一関・平泉
2024年6月20日付
一関・平泉
2024年6月20日付