一関・平泉

来月一関大会PR アランマーレ秋田 クンバ選手ら市長表敬 Wリーグ

佐藤善仁市長(左から2人目)を表敬訪問したプレステージ・インターナショナル アランマーレ秋田の平松主将(同3人目)とクンバ選手(同4人目)ら

 第24回Wリーグ(バスケットボール女子日本リーグ)一関大会が3月4、5の両日に一関市狐禅寺の市総合体育館で開催されるのを前に、「プレステージ・インターナショナル アランマーレ秋田」の選手らが16日、市役所に佐藤善仁市長を表敬訪問し、大会をPRした。

 同チームは秋田市を本拠地に2021年度から同リーグに参入。運営するプレステージ・インターナショナル(本社東京都千代田区)は一関で24年の操業開始に向けて準備を進めており、仮オフィスが同市川崎町に設置されている。

 関係者によると、市内でWリーグの試合が行われるのは23年ぶり。

 同日は同チームの小嶋裕二三ヘッドコーチ、平松飛鳥主将、一関学院高出身のニアン・ンディ・クンバ選手らと市内の関係者の6人が市役所を訪れた。

 小嶋ヘッドコーチがチーム概要などを説明し、佐藤市長は「楽しみにしている。間近でプロの試合を見られるので、子供たちが喜ぶ」と期待を寄せた。

 平松主将は「試合を見て楽しんでもらうとともに、応援してもらえるようなプレーをしたい」と述べ、クンバ選手は久しぶりの一関での試合に「懐かしいし、Wリーグの選手としてプレーできることをうれしく思う。試合までの毎日の練習を大事にして、子供たちに楽しんでもらえるプレーをしたい」と意気込んだ。

 クンバ選手を指導した一関学院高女子バスケットボール部の山田繁監督も同席し、「プレーを見るのは約1年ぶりで楽しみにしている。当日は後輩の選手たちを連れて会場で応援したい」と話した。

 関係者によると、来年度からは同チームの試合を市内で年1回実施する方針。

 一関大会は、両日とも午前10時開場、午後2時開始予定。チケットの販売は既に始まっており、同リーグの有料会員サイトのほか、県バスケットボール協会ホームページ内のWリーグ一関大会のページで申し込みを受け付けている。当日券は会場でも販売する。

 問い合わせは同協会=019(601)7708=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2024年6月22日付
一関・平泉
2024年6月22日付
一関・平泉
2024年6月22日付
一関・平泉
2024年6月22日付