県内外

きょうからアートフェスタ 多様な作品123点展示 県立美術館【岩手】

荻原國昭さんの作品「早春の川船」

 今年で20回目を迎える企画展「アートフェスタいわて2022」(県立美術館など主催)は、25日に盛岡市本宮の同館で開幕する。本県ゆかりの作家らによる多様なジャンルの作品計123点が一堂に集い、個性的で表現豊かな技法で芸術の魅力を伝える。3月19日まで。

 同展はプロ、アマを問わず、日ごろから制作活動を行う県人作家らの展覧会。今年は2022年秋に開催された第75回岩手芸術祭美術展受賞作品のほか、日本画、洋画、版画、彫刻、工芸、書道、写真、デザイン、現代美術、水墨画の10部門推薦作品、20年度県美術選奨受賞作品を展示する。

 このうち荻原國昭さん(一関市)の作品「早春の川船」は、広々とした雪景色の中を流れる川、川船で作業する人々などが描かれた風景画。日差しを浴びた雪の輝きが感じられる。

 鈴木かよさん(奥州市)の作品は、はっきりとした色使いで心の中のあいまいな感情を表現した抽象画。古里で過ごした思い出や懐かしい穏やかな感情、記憶の中にある「温もり」を形にしているという。

 このほか、「食」の文字の中に野菜や魚などさまざまな食材が描かれたデザイン画、思索にふける哲学者をあしらった木彫像、大きい牛乳パックや昔懐かしの郵便ポストなどのユーモラスな作品も並ぶ。

 同館の加藤俊明上席専門学芸員は「多種多様な作品が展示されており、普段美術になじみのない人も楽しめる構成となっている。子供からお年寄りまでいろんな人に作品に触れてもらい、自分の好みの作品を探してもらいたい」と来場を呼び掛けている。

 当日券は一般600円、高校生・学生350円、小中学生200円。開館時間は午前9時30分~午後6時(入館は5時30分まで)。月曜休館。

 問い合わせは、同館=019(658)1711=まで。

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年3月4日付
県内外
2024年3月4日付
県内外
2024年3月4日付
県内外
2024年3月4日付