花巻

裂き織り 魅力発信 平川さん作品展 地域おこし協力隊【花巻】

裂き織りの魅力を伝える市地域おこし協力隊平川さんの展示会

 花巻市地域おこし協力隊の平川優さん(39)=同市西大通り=による「さき織り展示会」は14日、同市石鳥谷町好地の小さな百貨店ぷらっとで始まった。平川さんと市内の愛好団体が手作りした作品が会場を彩り、来場者に裂き織りの魅力を伝えている。

 神奈川県出身の平川さんは、2022年に同隊に着任。「伝統工芸分野におけるシティプロモーション」をテーマに活動しており、昨年9月から裂き織りについて学び始め、同市湯口の織りの会ゆぐちの会員から手ほどきを受けて技術を磨いている。

 裂き織りは古い布を細く裂き、それを横糸にして織り込み、新たな布に再生させる技術。展示では平川さんが制作した9点と織りの会ゆぐち、太田織物教室、笹間さき織り教室の作品合わせて約50点が並ぶ。

 バッグ、服、タペストリーなどさまざまで、このうち平川さんの「花巻の夕焼け」は、花巻に移住した時に見た鮮やかな夕焼けの感動を表現した作品となっている。

 会場には裂き織りの歴史や制作工程などを記したパネルも展示。平川さんの祖父母は同町在住で「子供の頃に石鳥谷町をよく歩いていた。第二の故郷のような場所」と語る。裂き織りについては「すごい技術なのにスポットが当たることが少ない。今回の展示で裂き織りと花巻の魅力を発信していきたい」と意気込む。

 同会場の展示は16日まで。時間は午前9時から午後2時まで。23~26日には東和図書館ギャラリーに会場を移動する。

地域の記事をもっと読む

花巻
2024年2月27日付
花巻
2024年2月27日付
花巻
2024年2月27日付
花巻
2024年2月27日付