奥州・金ケ崎

岩手競馬 来月2日、水沢で開幕 新人佐々木騎手の紹介も 初日入場無料

 2023年度の岩手競馬は、4月2日に奥州市水沢姉体町字阿久戸の水沢競馬場で開幕する。「岩手競馬に会いに行こう。」をキャッチコピーに、24年3月まで例年通り特別開催を含め全22開催(水沢11開催、盛岡11開催)、計130日間を予定。第1回水沢競馬初日となる同日は入場無料とし、開幕セレモニーやイベントなどが行われる。

 初日は午前10時30分開場。同45分からのセレモニーに続き、新人・佐々木志音騎手(水沢・佐藤祐司厩舎(きゅうしゃ))の紹介セレモニーを行う。

 同日は、3歳M1重賞・ダイヤモンドカップへの優先出走権を争う重賞の第48回スプリングカップ(M2、3歳、ダート1600メートル、3着まで優先出走権)など計11レースが行われる。

 入場門では開場後、岩手競馬のキャラクター「ハヤテくん」のイラスト入りフードボックスの引換券を配布。先着1000人分で、午後1時から場内の特設会場で引き換える。午前11時10分からは、南広場で一関祝い餅つき振舞(ふるまい)隊が4年ぶりに出演して餅つきパフォーマンスを行う。

 このほか、岩手競馬所属騎手の勝負服柄の卵を場内遊園地で探すエッグハントなどの「イースターパーティー」イベント、初出店を含むキッチンカー&屋台広場の企画もある。

 開催日には例年通り、入場開始前と最終レース発走後に同競馬場とJR水沢駅を結ぶ無料優待バスを運行する予定。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年6月22日付
奥州・金ケ崎
2024年6月22日付
奥州・金ケ崎
2024年6月22日付
奥州・金ケ崎
2024年6月22日付