北上・西和賀

かがり火の中躍動 鬼剣舞20団体競演 北上・みちのく芸能まつり

かがり火がたかれる中、圧巻の演舞を見せた鬼剣舞大群舞

 第62回北上・みちのく芸能まつり(運営委員会主催)は2日目の5日、北上市内で芸能公演などが行われた。県内外の民俗芸能団体が競演したほか、夜は北上駅前大通りでかがり火がたかれる中、鬼剣舞などの大群舞が来場者を魅了した。

 市文化交流センターさくらホールでは、鬼剣舞などの「風流踊(ふりゅうおどり)」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産登録を記念し「風流踊大図鑑」が行われた。滑田、岩崎両鬼剣舞(同市)や川西大念佛剣舞、朴ノ木沢念仏剣舞(以上奥州市)など9団体が出演。千本六斎念仏(京都市)は太鼓踊り、リズミカルに踊る獅子舞、アクロバティックな芸を重層的に繰り広げた。

 千本六斎会の吹田哲二郎会長(60)は「歴史は古いが、新しいことをして伝統を守っている。拍手は大変ありがたく、この機会を頂き感謝している。鬼剣舞を見ると一本筋が通っている」と刺激を受けたよう。盛岡市の佐々木廣治さん(75)は「鬼剣舞は勇壮で迫力を感じた。京都の団体など、普段見られない芸能も見ることができた」と満足感に浸っていた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2024年7月15日付
北上・西和賀
2024年7月15日付
北上・西和賀
2024年7月15日付
北上・西和賀
2024年7月15日付