奥州・金ケ崎

南部鉄器 タイでPR 相田さん意欲 奥州市地域おこし協力隊員

委嘱状交付式で先輩隊員の太田さん(左)から激励される相田さん

 奥州市は、地域おこし協力隊員として、東京都出身の相田ちひろさん(48)を任命した。市が鋳物産業の後継者育成などを目的に募集した4人のうちの3人目。タイでクラフト制作や販売の経験を持つ相田さんは、海外での南部鉄器のPRや同市を訪れる外国人観光客向けのサービス構築などに意欲を語っている。

 委嘱状交付式は1日、同市役所で行われ、水沢鋳物工業協同組合の及川貢基理事長、鋳物産業で6月から地域おこし協力隊員を務める太田和美さん(35)らが出席。相田さんに委嘱状を手渡した倉成淳市長は「鋳物産業の後継者育成や南部鉄器の魅力発信にフォーカスを当てて隊員を募ってきた。相田さんのタイでのビジネス感覚を生かしていろんな商品のPRやサプライチェーンの工夫などに取り組んでもらえれば刺激的な結果になるのではないか」と活躍を期待した。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年3月5日付
奥州・金ケ崎
2024年3月5日付
奥州・金ケ崎
2024年3月5日付
奥州・金ケ崎
2024年3月5日付