花巻

東和 華やぐ秋 土沢まつり開幕【花巻】

開幕した土沢まつり。華やかな風流山車が商店街を練り歩く

 花巻市東和町の鏑八幡神社例大祭「土沢まつり」は16日、同町中心商店街などで始まった。豪華な風流山車やみこしが練り歩き、初秋の東和を彩っている。17日まで。

 伝統ある山車の保存伝承と商店街活性化を目的としたまつりで、1711(正徳元)年の同神社建て直しをみこしを担いで祝ったのが始まりとされる。

 初日は、駅上と中下組による風流山車2台と、みこし3基が運行。駅上は「義家」、中下組は「那須与一」を表現した華やかな山車で商店街を練り歩き、詰め掛けた観光客らを楽しませた。

 土沢幼稚園の「あやめの会」は、4年ぶりに子どもみこしを運行。2024年3月に閉園となることからまつりへの参加は今年が最後で、年長児4人と卒園児合わせて16人がみこしを担ぎ、笑顔を振りまいた。

 小原絵里香会長は「コロナで担ぐことができず、最後の年にやることができて良かった」、柏田志保園長は「46年間の感謝を地域に伝える気持ちで運行した。子どもたちは本当に頑張った」と目を細めていた。

 このほか、権現舞や鹿踊(ししおど)り群舞なども行われた。

 17日は午後3時に露店やビアガーデンがオープン。風流山車とみこし運行、奉納演芸会、黒岩鬼剣舞(北上市)の演舞などが予定されている。

地域の記事をもっと読む

花巻
2024年2月21日付
花巻
2024年2月21日付
花巻
2024年2月21日付
花巻
2024年2月21日付