一関・平泉

中尊寺通りに活気創出 出店やステージ発表 平泉・来月1日 ホコ天まつり

来月1日に開かれる中尊寺通りホコ天まつりのチラシ

 電線地中化や石敷きによる路面再舗装などの環境整備を終えた平泉町の町道中尊寺通り線(旧県道平泉停車場中尊寺線)を会場にした第8回中尊寺通りホコ天まつり(平泉商工会主催)は、10月1日に開かれる。当日は軽食やスイーツの出店、多彩なステージ発表などの催しを通して、世界遺産の町にふさわしい景観に生まれ変わった通りににぎわいを創出する。

 県南広域振興局一関土木センターが地元住民と意見を交わしながら整備を進めてきた同路線を、ソフト面からも魅力ある場所にしようと開かれている。毎回通りの一区間を会場としており、今回は前年と同じJR東北線高舘踏切に近い丸庄前から県道相川平泉線丁字路まで約110メートルの区間が歩行者天国となる。

 通りには軽食、菓子、スイーツのほか、防災グッズや犬の知育玩具などを扱う16店舗が出店。同商工会女性部でも焼きそばや玉こんにゃく、ノンアルコール飲料などを販売予定で、ひらいずみスタンプ会は、まつり本部テントで満貼スタンプ台紙1冊を会場で使えるホコ天券(800円相当)と交換する。交換は1人1冊限りで先着30人限定。

 歩行者天国区間の北側に設ける特設ステージでは、午前9時45分からのオープニングセレモニーに続き、10時から平泉中学校吹奏楽部が演奏を披露。引き続き、ポリネシアンダンス教室「レイアロハ」(10時50分から)、幻夢伝よさこい(午後0時30分から)、町教委郷土芸能体験講座の達谷(たっこくのいわや)毘沙門神楽(1時20分から)などが行われ、2時30分からは弁慶力餅競技保存会が臼ときねで餅をついて来場者に振る舞い、まつりを締めくくる。

 開催区間は当日午前8時~午後5時に車両通行止めとなる。普通車は東側の迂回(うかい)路を利用できる。問い合わせは同商工会=0191(46)3560=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2024年2月21日付
一関・平泉
2024年2月21日付
一関・平泉
2024年2月21日付
一関・平泉
2024年2月21日付