花巻

防火・防災意識高揚へ 花巻市消防演習

上田市長から服装や姿勢などの点検を受ける団員たち

 花巻市と市消防団は5日、同市の北上川朝日橋下流右岸河川敷で2023年度消防演習を実施した。消防団員らが各種訓練などを行い、防火・防災、安全・安心のまちづくりに向け気を引き締めた。

 演習には団員800人、消防車両110台をはじめ、市消防本部、市花巻地区赤十字奉仕団、大谷幼稚園などから参加。

 開会式で訓示した統監の上田東一市長は、7月中旬の大雨への対応、今年の市内の火災発生状況などに触れ、「消防団は地域の実情に精通し、地域社会に欠かすことのできない組織。消防人として災害に強いまちづくりを推進し、市民の生命・財産・身体を災害から守る崇高な使命の下、団長のもと団結を強固にし、一層尽力してほしい」と求めた。

 観閲に続き、統監らが団員の服装や姿勢などを点検し気力の充実など確認。隊列を組んで行進する小隊訓練、北上川から取水しポンプ車と消防ホースを連結して送水する火災想定訓練、ポンプ車による一斉放水訓練などを実施した。

 園児によるかわいらしい演技、赤十字奉仕団による応急給食訓練なども行われた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2024年6月14日付
花巻
2024年6月14日付
花巻
2024年6月14日付
花巻
2024年6月14日付