県内外

大谷 シルバースラッガー賞

 【ニューヨーク時事】米大リーグ機構は9日、攻撃面で顕著な活躍をした選手を表彰するシルバースラッガー賞を発表し、エンゼルスの大谷翔平選手(花巻東高出)がア・リーグ指名打者部門で2年ぶり2度目の受賞を果たした。受賞者は各球団の監督、コーチの投票で決まる。ナの外野手部門で最終候補の7人に入っていたカブスの鈴木誠也選手は受賞を逃した。

 大谷は今季44本塁打で日本選手初の本塁打王となり、打率3割4厘、95打点をマークした。日本勢では過去、イチロー(マリナーズ)がアの外野手部門で2001、07、09年と3度選出されている。

 鈴木が候補入りしていたナの外野手部門はアクーニャ(ブレーブス)、ベッツ(ドジャース)、ソト(パドレス)が受賞した。

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年6月16日付
県内外
2024年6月16日付
県内外
2024年6月16日付
県内外
2024年6月16日付