県内外

クマ捕獲費 支援要望 被害防止で国に 北海道・東北知事ら

伊藤信太郎環境相(中央左)に要望書を手渡す達増拓也知事(左端)=13日午前、環境省

 北海道の鈴木直道知事と本県の達増拓也知事らは13日、環境省に伊藤信太郎環境相を訪ね、クマ被害防止の要望書を提出した。クマによる人身被害が過去最悪となる中、クマを「指定管理鳥獣」に加え、捕獲費用に対する国の財政支援の対象とするよう求めた。達増氏によると、伊藤氏は「検討を進める」と応じたという。

 要望書は北海道東北地方知事会を構成する北海道と東北、新潟の8道県知事の連名。

 達増氏は面会後、記者団に「クマの生息域が拡大し、人命への危険が差し迫った状況にある。国の財政支援や専門的知見に期待する」と述べた。

 現在、指定管理鳥獣となっているのはニホンジカとイノシシのみ。クマも加われば、捕獲費用について国の補助が受けられる。

 また、クマの捕獲で自治体にクレームが相次いでいることを踏まえ、達増氏らは、捕獲の必要性を国民に正しく周知するよう要望。鈴木氏は「ハンターも命懸けで駆除している。誹謗(ひぼう)中傷を受けると、仕事ができなくなる」と訴えた。【時事】

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年6月16日付
県内外
2024年6月16日付
県内外
2024年6月16日付
県内外
2024年6月16日付