奥州・金ケ崎

胆沢ダム周辺 冬期通行止め 奥州市内国道、市道など

冬期通行止めのため国道397号のゲートを閉める関係者=奥州市胆沢若柳

 奥州市胆沢若柳尿前地内に設けられた国道397号のゲートは14日正午に閉鎖され、同市胆沢若柳平七沢までの3・4キロ区間が冬期通行止めとなった。併せて「栗駒焼石ほっとライン」を含む胆沢ダム周辺の市道5路線と市が管理する林道2路線も同日から通行止めとなり、冬ごもりに入った。

 尿前のゲートでは、道路パトロールを受託している業者と県南広域振興局土木部の担当者らが訪れて、天気雨の降る中、時刻を確認してゲートを閉じ、鎖を掛けて施錠。その直後、知らずにやって来た乗用車がゲート手前で引き返す一幕もあった。

 市道の谷子沢南前川山線(同ほっとライン)と追分東前川山線、横岳前山市野々線、馬留線、馬留迎市野々線と林道の馬留線、尿前線も冬期通行止めとなり、同ダム関連施設の「奥州湖眺望台」「石渕広場」「おろせ広場」も閉鎖となった。

 いずれの市道も2024年4月下旬ごろに解除が見込まれている。市都市整備部維持管理課では「解除時期は積雪や天候の状況によって変更する場合があり、解除日時については来年4月に告知する予定だ」としている。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年6月25日付
奥州・金ケ崎
2024年6月25日付
奥州・金ケ崎
2024年6月25日付
奥州・金ケ崎
2024年6月25日付