北上・西和賀

建設業「働き方改革を」 東北地方整備局など 北上で法令遵守講習会

建設業取引適正化推進期間に合わせて開催された建設業法令遵守講習会

 東北地方整備局と県が主催する「建設業法令遵守(じゅんしゅ)講習会」は16日、北上市さくら通りの市文化交流センターさくらホールで開かれ、参加者が建設業の法令や労働環境について学んだ。

 法令順守や適正な取引推進、インボイス制度、時間外労働の上限規制などをテーマに関係機関の担当者が講話し、このうち同整備局建政部の杉本努建設業適正契約推進官は▽建設業を取り巻く現状と課題▽働き方改革の促進▽建設業の適正な取引―などを説明した。

 業界の喫緊の重要課題として「担い手の確保」を挙げ、そのためには賃金水準の引き上げや働き方改革が求められると主張。労働力調査(2022年平均)などによると、建設技能者は60歳以上が全体の4分の1を占めている一方、29歳以下が12%にとどまっており、若年層の労働力確保に向けて「給与」「休暇」「希望」「かっこいい」の「新4K」の実現を強調した。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2024年6月16日付
北上・西和賀
2024年6月16日付
北上・西和賀
2024年6月16日付
北上・西和賀
2024年6月16日付