花巻

利用者400万人達成 佐々木さんへ記念品 東和温泉【花巻】

くす玉を開く佐々木代表取締役(左)と400万人目の入湯利用者の佐々木さん

 花巻市東和町安俵の花と緑と安らぎの湯東和温泉は18日、1996年10月の開湯からの入湯利用者が400万人を突破した。400万人目となった佐々木清子さん(71)=同町中内=らに花束と記念品が贈られ、大台の達成を祝った。

 佐々木さんは、同日午後1時20分ごろに来館。施設を運営するとうわ地域資源開発の佐々木力弥代表取締役(66)から花束と記念品の入浴券(11回分)が手渡され、一緒にくす玉を開披した。

 農作業の手伝いをしている佐々木さんは、開湯当初からの利用者。週1回のペースで朝に利用することが多いが、仕事が休みで肌寒さを感じて温まろうと足を運んだところ、ちょうど400万人目の利用者となった。「入った時はぬるめかなと思うが、上がった後はしばらく温かさが持続するのが東和温泉の良いところ。今後も利用していきたい」と喜んだ。佐々木さんのほか、前後の利用者にも花束と記念品が贈られた。

 同温泉の入湯利用者数は年間15万人ペースで推移。道の駅とうわ、ビオガーデン、レストランなどが併設し、釜石道東和インターチェンジに近く地元を中心に県内各地から利用者を集めている。佐々木代表取締役は「東日本大震災や新型コロナウイルスの影響で人的交流が減少するなど厳しい時期もあったが、お客さまのおかげで乗り越えられた。これからもお客さまや地域に愛される施設として従業員一同取り組んでいきたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2024年6月16日付
花巻
2024年6月16日付
花巻
2024年6月16日付
花巻
2024年6月16日付