県内外

昆野さん(北上)ら認定 岩手県「食の匠」、新たに5人

新たに認定された5人の「食の匠」と記念撮影する関係者

 県は21日、郷土食の優れた技術を持ち、伝承する人を認定する2023年度「食の匠(たくみ)」として、北上市の昆野広子さん(73)ら5人を認定した。盛岡市内で同日、認定証書の交付式が行われ、匠たちは伝承活動に決意を新たにした。

 式には、新規認定者をはじめ関係者約60人が出席した。

 県農林水産部の照井富也農政担当技監は「これから食の匠として、先輩とのネットワークを広げながら郷土料理などの伝承活動を積極的に行ってほしい」と述べ、一人一人に認定証書を手渡した。

 昆野さんは「嫁いでちょうど50年になり、認定を契機に地域の料理や良さを若い人たちに伝えていきたい」と意欲を語った。

 認定制度は1996年度に始まり、今回を含めこれまでの認定数は301人・組となった。

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年6月15日付
県内外
2024年6月15日付
県内外
2024年6月15日付
県内外
2024年6月15日付