北上・西和賀

新雪にシュプール 夏油高原スキー場 今季オープン・北上

好天の下、初滑りを楽しむスノーボーダーら=26日午前11時5分、北上市和賀町・夏油高原スキー場

 県内スキー場のトップを切って北上市和賀町の夏油高原スキー場は26日、2023~24年シーズンの営業を開始した。待ちわびたスキーヤー、スノーボーダーが続々と訪れ、新雪のゲレンデで初滑りを楽しんだ。

 同スキー場は24日夕方から25日にかけてまとまった降雪があり、山頂の積雪も100センチを超え、前年より13日早くオープン。26日は第1ゴンドラのみ稼働したが、全コースのうち約半分を開放した。

 ゲレンデには早速スキーヤー、スノーボーダーが繰り出し、思い思いにシュプールを描いた。滝沢市穴口の山崎輝彦さん(52)は「さすがは夏油、よく降った。湿った雪だが、滑れることが幸せ」と満喫。金ケ崎町三ケ尻の刈田美里さん(23)は「毎年来ている。天気が良くて気持ち良かった」、一緒に滑った北上市和賀町横川目の武田芽依さん(23)も「いい雪質で滑りやすく、楽しかった。また滑りに来たい」と笑顔で語った。

 同スキー場では今季、全ゴンドラ、リフトにICゲートを導入。リフト券に代えてICカードとなり、来場者はスムーズに乗り込んでいた。村松麻人総支配人は「夏油らしい降り方で、オープンできて良かった。たくさんのお客さんに来ていただいた」と喜んでいた。

 今後は積雪状況を見ながら順次コースを開放。林間のツリーランコースは12月中旬以降になる見通し。来月9日からはレギュラーシーズンとなり、宿泊客向けに酒類、ドリンクなどを提供する「カフェ&パブ」が開業する。

 今季の営業は来年5月6日までの予定。村松総支配人は「スキー場開設30周年の節目でもあり、お客さまには変わらず夏油の豪雪を楽しんでいただきたい」と話している。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2024年6月25日付
北上・西和賀
2024年6月25日付
北上・西和賀
2024年6月25日付
北上・西和賀
2024年6月25日付