奥州・金ケ崎

資格取得、地域貢献評価 水沢工を表彰 21世紀枠推薦校 県高野連【奥州】

来春の第96回選抜高校野球大会の「21世紀枠」県推薦校に選ばれた水沢工高の硬式野球部員

 来春に開かれる第96回選抜高校野球大会の「21世紀枠」県推薦校に決まった県立水沢工業高校(小野寺訓校長、生徒360人)で30日、県高野連(瀬戸和彦会長)による表彰式が行われた。硬式野球部2年の佐藤琉羽彩主将(17)が毎日新聞社盛岡支局の山本晋支局長から表彰状を受け取り「とてもうれしい。先輩方や関わってくれた方々のおかげだ」と喜んだ。

 冒頭、瀬戸会長が「高校球児の模範となり、小中学生にも野球の素晴らしさや楽しさを伝えてほしい。皆さんのさらなる活躍を期待している。頑張ってください」と激励。表彰に続き小野寺校長が「何よりも工業高校という学校風土を生かした活動を評価してもらえたことを誇りに思い、うれしく感じる」とあいさつした。

 また、佐藤主将が「野球だけでなく、生活面でも21世紀枠にふさわしい行動を取れるように、ますます努力する」と述べた。

 水沢工高硬式野球部は部員28人。電気工事士などの資格取得に励みながら、今秋県大会4強など近年良好な成績を収めていること、アプリケーションを使った試合結果の確認やデータの共有化など、練習に創意工夫して取り組んでいること、スポーツ少年団との交流や雪かきボランティアなどで地域に貢献していることなどが高く評価され、推薦枠に決まった。

 今月8日には東北地区をはじめ全国9地区の推薦校が一斉に発表され、2024年1月26日に21世紀枠2校が最終決定する。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年6月19日付
奥州・金ケ崎
2024年6月19日付
奥州・金ケ崎
2024年6月19日付
奥州・金ケ崎
2024年6月19日付