県内外

岩手県産ブルーベリーの「氷結」 12日発売、キリンビールがPR

達増知事(右から2人目)に県産ブルーベリー使用の「氷結」をPRする秋山支店長(同3人目)ら

 キリンビールの関係者は8日、達増拓也知事を表敬訪問し、12日に発売する県産ブルーベリーを使用した期間限定フレーバーの「氷結」をPRした。

 キリンビール東北支社の秋山哲夫北東北支店長のほか、県内の生産者を中心とする岩手ブルーベリーの会の松本正勝事務局長らが県庁を訪問。秋山支店長が商品の特徴を説明し、達増知事は「全国で広く販売してもらうことで、岩手のブルーベリーの魅力を消費者に知ってもらえる良い機会になる」と述べた。

 同社によると、県産ブルーベリーを使用した氷結の発売は2020年以来。過去3年間で発売された期間限定フレーバー商品の中では、最も反響があったという。アルコール分は5%。350ミリリットル缶、500ミリリットル缶の2種類で、宮城県産のイチゴ「もういっこ」を使用した氷結と合わせて期間限定で全国販売する。

 秋山支店長は「岩手産のブルーベリーは大粒で、甘さがある中で酸味も効いており、はっと目が覚める味が堪能できる。県産品で良い物がたくさんある中、岩手のブルーベリーでおいしいお酒ができるというのを改めて感じてもらえれば」と話していた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年2月26日付
県内外
2024年2月26日付
県内外
2024年2月26日付
県内外
2024年2月26日付