北上・西和賀

積雪少なく営業お預け 湯田、志賀来両スキー場開き 西和賀

関係者がスキーシーズンの無事故と盛況を願った安全祈願

 西和賀町の湯田、志賀来の両町営スキー場の安全祈願とスキー場開きは20日、同町湯之沢のレストハウスゆのさわで行われた。積雪が少ないため営業開始はまだ先だが、関係者が今シーズンの無事故と盛況を願った。

 町スキー協会(黒澤清会長)が主催する安全祈願の神事は会員やスキー場関係者ら20人余りが出席し、代表者が玉串をささげた。

 町が主催するスキー場開きでは、内記和彦町長が「雪に親しむ上でスキー場は大きな役割を果たしている。雪のシーズンを迎え、安全に配慮いただきながら町民の健康づくり、地域づくりにつなげたい」とあいさつした。

 黒澤会長は「両スキー場とも長い歴史を持ち、数々の大会をこなす中で町内からも優秀な選手がたくさん出ている。協会としては子どもたちの指導も含め、皆さまとスキースポーツを楽しみたい」と語った。

 町教委によると、積雪は湯田、志賀来ともに26センチほどで、オープンは未定だがリフトなど設備の準備を進めている。昨季は湯田が1449人、志賀来はアルペン、クロスカントリー合わせて1841人の来場があり、今季も同程度の入り込みを目標としている。

 開設期間は2024年3月10日までで、時間は湯田が午前9時から午後4時まで、志賀来は午前9時30分から午後4時30分まで。毎週月曜(祝日の場合は翌日)と12月31日、1月1日は休業。ナイター営業は志賀来が来月4日から毎週火~金曜の午後6時から9時まで。湯田は実施しない。来月12、21日と2月18日は中学生以下を無料とする。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2024年2月26日付
北上・西和賀
2024年2月26日付
北上・西和賀
2024年2月26日付
北上・西和賀
2024年2月26日付