奥州・金ケ崎

躍動のミュージカル いさわジュニアスクール公演【奥州】

マリア役の小川さん(中央)とダンスを交え「ドレミのうた」を披露するいさわジュニアミュージカルスクールの受講生ら

 第23回いさわジュニアミュージカルスクール公演(NPO法人胆沢文化会館自主事業協会主催)は24日、奥州市胆沢南都田の胆沢文化創造センターで開かれた。名作「サウンド・オブ・ミュージック~トラップ一家物語」と「ぐーたらナナリンとゆかいな仲間たち」を上演。小学1年生から高校3年生までの受講者33人が歌やダンスで躍動し、舞台を華やかに彩った。

 同スクールは2001年から滝沢市のNPO法人劇団ゆう(菊田悌一理事長)の指導を受けており、今年は5月に開講。菊田理事長らの指導の下、レッスンに励んできた。

 上演作のうちサウンド・オブ・ミュージックは、1930年代のオーストリア・ザルツベルグが舞台。妻を亡くし7人の子どもを育てるトラップ大佐一家に、修道女マリアが家庭教師として来る。厳格な大佐との衝突や実の母のような子どもたちとの触れ合い、大佐との結婚などを描いた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年6月19日付
奥州・金ケ崎
2024年6月19日付
奥州・金ケ崎
2024年6月19日付
奥州・金ケ崎
2024年6月19日付