一関・平泉

花泉金沢支部が最優秀 JA平泉青年部立て看板コンクール

JAいわて平泉青年部立て看板コンクールで最優秀賞に選ばれた花泉青年部金沢支部の作品

 JAいわて平泉青年部協議会(浅利清廣会長)の2023年度青年部立て看板コンクールは26日、一関市竹山町の同JA本店で審査会を開き、最優秀賞に花泉青年部金沢支部の「推しの米ひとめぼれ」が輝いた。

 手作り看板を通して青年部の活動を広め、農業の大切さや素晴らしさをアピールしようと開催しており、10年目の今回は2支部を含む8青年部が出品。縦横いずれか1・8メートル、90センチの大きさで制作した看板は各営農経済センターなどに設置されたほか同JA広報誌に掲載され、いちのせき産業まつり農業祭のイベント会場などでも広く投票を募った。

 審査には浅利会長や佐藤鉱一代表理事組合長らが当たり、一般投票157票との合計で各賞を選出。最優秀賞に輝いた金沢支部の看板は、おにぎりを食べるかわいらしい牛のデザインに、花泉のひとめぼれをもっと推していきたいとの願いが込められている。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2024年2月26日付
一関・平泉
2024年2月26日付
一関・平泉
2024年2月26日付
一関・平泉
2024年2月26日付