奥州・金ケ崎

高値取引願い いわて奥州牛初出荷 JAふるさと

JA岩手ふるさと管内で育ったいわて奥州牛12頭が東京食肉市場に向けて初出荷された

 JA岩手ふるさとの2024年肉牛初出荷は8日、奥州市前沢地内で行われ、同市(前沢地域を除く)で育ったいわて奥州牛12頭が東京都に向けて向けて出発した。12頭は11日に東京食肉市場で競りにかけられる。

 8日は、初出荷に合わせて同市前沢白山字田高の前沢地域肉牛出荷場で事業発展祈願・安全祈願が行われた。関係者約30人が参列した神事では玉串をささげて産地の発展と新年の安寧を祈った。

 あいさつで同JA経営管理委員会の後藤元夫会長は「皆さんが苦労して育て上げた肉牛が市場で高い評価を得られ、辰(たつ)年にふさわしく登り竜のように事業が発展することを心から期待したい。生産者の方々には今年も出荷に努力いただき、当JAも販売に尽力する」と語った。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年3月1日付
奥州・金ケ崎
2024年3月1日付
奥州・金ケ崎
2024年3月1日付
奥州・金ケ崎
2024年3月1日付