奥州・金ケ崎

「文秀堂七代目」に焦点 高校生ら稽古始まる 口伝の劇場Vol.3【奥州】

「口伝の劇場―あなたはわたしの物語 Vol.3」の稽古に挑む高校生ら

 地域に暮らす人々から体験談などを取材し、舞台で語りと音楽を披露する「口伝の劇場―あなたはわたしの物語 Vol.3」は、28日に奥州市水沢の市文化会館(Zホール)で開かれる。県南の高校演劇部の女子部員7人が語りを担当し、演出担当やスタッフとともに舞台づくりに励んでいる。

 同劇場は文化庁の文化芸術振興費補助金を受け、アーツライブいわて実行委員会など主催、県共催。同市では初めて。

 今回は、副題が「語り継がずにはいられない文秀堂七代目の物語」で、水沢筆などの文具や南部鉄器、岩谷堂箪笥(たんす)を取り扱っている創業208年を誇る「文秀堂」の髙橋竜太郎会長(64)=同市水沢久田=に焦点を当てる。髙橋会長が代表を務める奥州温故の会の活動や、文秀堂の経営、家族のエピソードなどを取り上げる予定。

momottoメモ

当日は中ホールで午後1時開演。料金は一般2000円、ユース(大学生以下)1000円。チケットは同ホールなどで扱っている。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年3月1日付
奥州・金ケ崎
2024年3月1日付
奥州・金ケ崎
2024年3月1日付
奥州・金ケ崎
2024年3月1日付