県内外

いわて健康経営アワード ニッコー・ファインメック(一関)知事賞 従業員の婦人科健診補助など評価

達増知事(左から3人目)から表彰を受けた受賞団体の代表ら

 県などは22日、優れた健康づくりに取り組む事業所を表彰する「いわて健康経営アワード2023」の受賞団体を発表した。最優秀賞の県知事賞には、産業廃棄物処理業「ニッコー・ファインメック」(本社一関市、小野寺真澄代表取締役)が輝き、同社を含め県内5事業所をたたえた。

 同アワードは、働き盛り世代の健康づくりを推進するため、健康経営の普及拡大を目的に2019年から実施。今回は県内28事業所から応募がり、県知事賞1事業所と優秀賞4事業所を選んだ。

 県知事賞のニッコー・ファインメックは▽体の健康▽心の健康▽家庭との両立▽心理的安全性―の四つをテーマに健康経営を実践。婦人科健診、付加健診の全額補助のほか「二次健診特別休暇」を就業規則に規定。消失する有給休暇の積立制度を設け、傷病休暇やリフレッシュ休暇取得の際に付与している。

 また、社内健康増進イベント「チーム対抗ごみ拾いウオーク」などを開催。昨秋には女性中心のチーム「ウェルビー」を組織し、従業員自らが提案して女性活躍や健康増進の取り組みを展開している。

 盛岡市内のホテルで表彰式が行われ、達増拓也知事が「従業員の健康増進に向けて健診受診率の向上や食生活、運動など、生活習慣改善を図る優れた工夫を持って取り組んでいることが高く評価された。努力に深く敬意を表する」と述べ、小野寺代表取締役らに盾を贈呈した。

 小野寺代表取締役は「今までの取り組み以上に、従業員が主体となって自分たちが働きやすい職場、自らが健康で楽しく働ける職場をつくり上げていきたい」と意欲を新たにした。

 この他の受賞団体は次の通り。

 ▽優秀賞=アイディーエス(奥州市)カヌカテックプラス(久慈市)ミクニ盛岡事業所(滝沢市)栄組(遠野市)

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年2月27日付
県内外
2024年2月27日付
県内外
2024年2月27日付
県内外
2024年2月27日付