県内外

あすセンバツ選考

 第96回選抜高校野球大会(3月18日開幕、兵庫県西宮市・阪神甲子園球場)の出場32校を決める選考委員会は、26日に大阪市内で開かれる。東北地区の一般枠は例年より1校多い3校。2023年秋の東北大会では本県第1代表の一関学院が4強入りしており、選出に期待が掛かる。

 東北の一般枠は、昨秋の東北大会で優勝した青森山田(青森第1)、準優勝の八戸学院光星(青森第2)の選出が濃厚。残り1枠を4強に入った一関学院と学法石川(福島第3)で争うとみられる。

 東北大会で一関学院は、初戦の2回戦で光南(福島第2)を継続試合の末3―0で下し、準々決勝では秋田修英(秋田第2)に4―1で競り勝ったが、準決勝では青森山田に0―4で敗れた。

 一方、学法石川は1回戦で盛岡中央(本県第3)に8―5、2回戦は聖和学園(宮城第1)に2―1、準々決勝は金足農(秋田第1)に3―1と接戦を制したが、準決勝では八戸学院光星に0―1で屈した。

 一関学院は06、08年に守備力重視の希望枠(廃止)で選出されており、今回選ばれれば16年ぶり3度目の出場となる。

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年2月28日付
県内外
2024年2月28日付
県内外
2024年2月28日付
県内外
2024年2月28日付