花巻

「勉強も野球も100%」 米大進学向け決意 佐々木麟太郎選手【花巻】

渡米前に意気込みを語る花巻東高の佐々木選手

 高校通算140本の本塁打を放ち、米スタンフォード大に進学する花巻東高校の佐々木麟太郎選手(3年)は20日、花巻市松園町の同校で取材に応じた。世界トップクラスの大学に進むことに「勉強も野球も両方100%尽くして学んでいきたい」と米国でも文武両道を貫く決意を示した。

 同大はサンフランシスコ近郊にある名門私大。複数の大学の中から決断した理由については「コンディショニングとサポートが充実しているというところで、最後は自分で決断した」と明かし、「素晴らしい大学で勉強させていただくこと、野球選手としてプレーさせていただくことは光栄で、誇りに思う」と喜びを語った。

 米国留学は「野球人生だけで決断したわけではない」と強調。「自分の人生観は“一瞬の喜びでなく、一生の喜び”。大学も野球だけにこだわっていない。学業の部分でもこだわっていた」と学業との両立を最優先し、人としてもさらなる成長を目指す。

 現在は後輩たちとともに練習に励みながら、オンラインで英語を学習。渡米の時期については、「4月から単位を取れるので、なるべく早く行って勉強をしていきたい」と意気込む。

 米国の大学野球の印象については「レベルが高く、みんなメジャーを目指して野球をしているのを強く感じた」という。同大の背番号は「記憶にも残る偉大な長嶋茂雄選手がつけていた」という理由から、「3」を選択した。

 将来は大リーグだけではなく日本球界も視野に入れる。「2年後以降にメジャー、NPBのドラフトで指名をいただけるチャンスがある。粗削りな部分をレベルアップして、2、3年後のドラフトで指名を受けられたら」と青写真を描く。

 米国留学を提案した父佐々木洋監督は海を渡り、新たな道を切り開くわが子に「(佐々木選手は)才能ではなく、努力でここまできた。できるだけ早くアメリカに慣れてほしい」とはなむけの言葉を贈った。

 佐々木選手の入学は9月予定だが4月から練習に加わり、公式戦は2025年2月から参加するという。

地域の記事をもっと読む

花巻
2024年4月21日付
花巻
2024年4月21日付
花巻
2024年4月21日付
花巻
2024年4月21日付