一関・平泉

清衡期の遺物公開 金色堂900年でミニ企画展 平泉文化遺産センター

平泉文化遺産センターで開かれているミニ企画展「発掘から見えた清衡期の中尊寺」

 平泉町の中尊寺にある国宝・金色堂の建立900年を記念するミニ企画展「発掘から見えた清衡期の中尊寺~金色堂建立900年を記念して~」は、同町の平泉文化遺産センターで開かれている。4月下旬まで。

 同センターが2024年度予定している「金色堂建立900年記念企画展(仮題)」に先駆け開催しているもので、奥州藤原氏の初代清衡が著した「中尊寺建立供養願文」に記された伽藍(がらん)跡と想定される大池跡の周辺を中心に、同寺境内の発掘調査で出土した清衡期の遺物を公開している。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2024年4月14日付
一関・平泉
2024年4月14日付
一関・平泉
2024年4月14日付
一関・平泉
2024年4月14日付