奥州・金ケ崎

5年ぶり製作体験 初の大抽選会も 奥州・来月1~4日 岩谷堂箪笥まつり

岩谷堂箪笥まつりのポスターを掲げ、来場をPRする関係者

 奥州市の第22回岩谷堂箪笥(たんす)まつりは、3月1~4日に同市岩谷堂字小名丸のお休み処えさし藤原の郷レストハウスで開かれる。箪笥や仏壇を通常価格の3割引きで販売するほか、5年ぶりのチャリティー製作体験や、20万円以上の購入者を対象にした初の大抽選会などを催し、伝統工芸の魅力をアピールする。

 岩谷堂箪笥生産協同組合(八重樫新也理事長)が主催。伝統の整理箪笥や車箪笥、階段箪笥、仏壇など約160本と、独自ブランド「岩谷堂くらしな」シリーズの新作仏壇や家具など約60点を全品3割引きで販売する。鍋敷きなど同シリーズの小物約50点は2割引きで提供する。

 毎回好評の半額からスタートする「日替わり入札販売」は箪笥など9本を並べ、最高額で落札した人に販売する。

 伝統工芸士がマンツーマンで指導するチャリティー製作体験は、1~3日に各日2回(午前10時30分~正午、午後1時30分~3時)実施。花台やミニキャビネット、キャスター付きスツールから1品選んで完成させる。参加料は3000円。定員は各回3人(先着順)で、希望者は同組合に申し込む。

 大抽選会は20万円購入ごとに1回参加できる。当選総数は21本で、オリジナル小箪笥や同シリーズの家具、花巻温泉ペア宿泊券など総額100万円超の賞品が当たる。

 会場には能登半島地震で被災した石川県の工芸品産地支援のため募金箱を設置。集まった募金と製作体験の参加料を合わせ全額を義援金として現地に送る。

 まつりでは、箪笥などの割引率を昨年まで4割としていたが、漆など原材料費の高騰により今回は3割とした。福嶋真里事務局長は「3割引きとした分、大抽選会で還元したい。箪笥や仏壇など200本余りが並ぶので、岩谷堂箪笥の良さに触れてほしい」と来場を呼び掛ける。

 問い合わせ、製作体験の申し込みは同組合=0197(35)0275=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年4月16日付
奥州・金ケ崎
2024年4月16日付
奥州・金ケ崎
2024年4月16日付
奥州・金ケ崎
2024年4月16日付