奥州・金ケ崎

江刺に再び笑顔と元気 文士劇メンバー結成の市民団体 WeCraft3日公演【奥州】

We Craft第1回公演をPRするチラシ

 2023年に惜しまれながら15年にわたる歴史に幕を閉じた市民☆文士劇のメンバーらで結成した市民団体「We Craft」(伊藤玲雄代表)の第1回プロデュース公演は、3日午後1時と午後4時30分からの2回、奥州市江刺大通りの江刺体育文化会館(ささらホール)で行われる。舞台劇とバンド演奏の2本立て。前売りチケットは同ホールなどで取り扱っている。

 文士劇を上演してきた同ホールが24年度で廃止されるのに伴い、文士劇は昨年1月に最終公演。その後、9月にメンバーらで同団体を結成。演技だけでなくバンド演奏やダンスなども組み合わせた新しい江刺のエンターテインメントを提供し、地域を盛り上げていくプロデュース団体として活動する。団体名には「わっしょい」の頭文字の「W」と、「江刺」の「e」を用いた。

 第1回公演は2部構成で、第1部の舞台劇では「街はささやいて―ここは心の石を溶かす場所」を上演する。原作は静岡県を拠点とする「演劇集団es」代表の澤根孝浩さん。街の片隅の小さなバーに訪れた客の思い出話から見えてくる人間模様を描く。

 また、第2部では地元バンド・メロディージャックスと県立岩谷堂高校吹奏楽部OBによるスペシャルバンド「GMT(じもと)バンド」のミニライブを催す。

 伊藤代表は「見に来てくれた人たちに笑顔と元気を届けたい」と初公演に意欲を見せている。

 前売りチケット(全席自由)は1500円(当日500円増し)。未就学児無料。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年4月21日付
奥州・金ケ崎
2024年4月21日付
奥州・金ケ崎
2024年4月21日付
奥州・金ケ崎
2024年4月21日付